産むまでにしたい100のこと

都内在住のアラサーOL妊婦。赤ちゃんが生まれたらなかなか行きにくいこと、できないことを満喫します!

妊娠までの経緯~化学流産を経てクロミッド処方、タイミング法で妊娠(7) ついに…!

漢方にサプリとできる準備を整えて、2017年3月、妊活再開。

今回もまずはクロミッドを処方され、1週間おきに病院で卵子の育ちぐあいを見てもらう。

服用から約2週間後、そろそろ排卵しそうと言われ、1日~2日後にタイミングをとるようにとの指示。

 

排卵日だからするよ!」というのもなんかなあ、と抵抗があったので、なんとなくその流れに持っていき、仕込みを終えた。

それがおそらく3月12日(日)。

 

その後は期待せず、不安にもならず、極力フラットな心境でいるようにつとめた。

前回の化学流産時は、毎日基礎体温を測っていたが、それもヤメ。

人事尽くして天命を待つのみ…と自分に言い聞かせた。

 

そうこうするうちに生理予定日の3月26日(日)。

…来ない!

おなかが突っ張る、下痢気味などの症状が。ネットで調べてみると、もしや妊娠の超初期症状…?

 

3月29日(水)。受精18日目。

薬局で検査薬を購入。

前のめりそうな気持ちに「無心」と言い聞かせながら、会社のトイレでトライ。

結果は…前回の化学流産時よりも、はっきりとした陽性…!

思わず声が出そうになる。

熱いものがこみ上げ、この世のすべてに感謝した。

 

だが、爆発的な喜びもここまで。

次の瞬間には、不安と緊張が押し寄せてきた。

なんとか無事に生まねば…!!!