産むまでにしたい100のこと

都内在住のアラサーOL妊婦。赤ちゃんが生まれたらなかなか行きにくいこと、できないことを満喫します!

2 目黒寄生虫博物館で危機感をあおられる

 ≪待ちに待った安定期!赤ちゃん連れでは行きにくいところ、できないことを、今のうちの思い切りしておこう!≫ 

日曜日。

夫が突然「あのさあ、寄生虫に興味ないよね?」と言い出した。

興味というか、現代ニッポンにおいて幸運なことに寄生虫についてあまり真剣に考えたことはないが…。

どうやら、今やデートスポット(!)として有名な目黒寄生虫博物館に行きたいらしい。

この先あんまり幼児が興味を持ってくれそうなスポットではないので、夫婦ふたりでいられる間に、行ってみることに。

(今回はあえて写真なしで…)

 

さすがに酷暑のなか歩きたくはないので、日差しの落ち着いた16時前、目黒駅に降り立つ。

目指す場所は駅から徒歩15分くらい。

坂があるので、妊婦さんは体調悪いときは避けたほうが無難。

もしくは、バスというテも。

 

大鳥神社の裏ある、瀟洒な建物が「目黒寄生虫博物館」だ。

www.kiseichu.org

なんと入場料は無料!!!

医学博士の亀谷了氏が私財を投入して1953年に設立された。

入口には階段があるので、ベビーカーだとしんどいかも。

 

館内は思ったよりこじんまり。

寄生虫のホルマリン漬けと解説パネルが展示されている。

1階が「寄生虫の多様性」、2階が「人体にかかわる寄生虫」といった構成だ。

1階は寄生虫の種類や生態についてが中心。

「たしかに自分でエサ取るよりもラクよね~。カシコイやっちゃ」と感心していたのだが、2階にあがるとその評価は一変。

充血吸虫だったりマラリアだったり、いかに寄生虫が人間にとって危険な存在かがパネルで淡々と紹介される。

寄生虫を殲滅せよ…!!!」とこぶしを突き上げたくなる。

 

妊娠中に行ってよかったなあ、と思ったのが、トキソプラズマサイトメガロウイルスについての展示だ。

トキソプラズマや生肉を食べたり、猫と接触したりすることで感染する寄生虫。妊娠中の人なら、こちらは聞いたことがあると思う。

 

おそろしかったのは、もう一つのサイトメガロウイルス

寄生虫ではないんだけれど、子供との接触や、性交渉によって感染する。健康な成人なら問題ないんだけど、胎児が感染してしまうと流産や死産、脳への障害などが起こる可能性がある。

罹患リスクが高いわりに、あまり知られていないのではないだろうか。

私には幼い姪っ子がいて、家も近いのでよく遊びに行くので、他人事ではない。

同じ食器を使ったりするのはマジで避けようと誓った。

 

サイトメガロウイルストキソプラズマ感染症の患者さんの会「トーチの会」のHPはこちら。

  【トーチの会】先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症 患者会

「妊娠中の感染予防のための11か条」」は、妊婦必読!

妊婦さんへ 妊娠中の感染予防のための注意事項 - 11か条|【トーチの会】先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症 患者会

 

ちなみに、夏休みということもあり、客足は途切れなかった。

8割は若いカップル!お化け屋敷感覚で楽しんでいるようだった。ほほえましい…。

 しかし、こちとら胎児の命がかかっている。夫とふたり、無言で展示を食い入るように見てしまったよ。

 

帰りに、せめて館の運営に役立てれば…とパンフレットを購入し、寸志を寄付。

無償で啓蒙に励む寄生虫博物館と、寄生虫感染症と戦う研究者たちに心よりの敬意を表して、「寿司と焼肉と猫カフェは当分お預けにしよう」と誓い合いながら、あとにしたのだった。

 

おすすめポイント:妊娠中に気を付けたい感染症がわかる!

ご注意ポイント:駅から遠い、館内移動は基本階段

 

 

 

1 東大内「くろぎ」で2時間半待ちの高級かき氷を食べる

 

≪待ちに待った安定期!赤ちゃん連れでは行きにくいところ、できないことを、今のうちの思い切りしておこう!≫

 

かき氷、1400円ナリ。

着席までに2時間半ナリ。

どうにも抵抗があったんです、かき氷に500円以上払うなんて…2時間以上も待つなんて…と。だがしかし、妊娠が私をバブリーにした。

赤ちゃん生まれたらそんな贅沢できないし!

ましてや2時間半なんて待てないし!

いけいけいっちゃえ~。

 

夫に「1400円のかき氷を食べてくる」と高々と宣言し(夫、絶句)

、友人とともに降り立ったのは本郷三丁目

東大構内(!)にある「くろぎ」にて、超高級かき氷を制覇しようというもくろみです。

 

最近ブレイク中の高級かき氷ですが、都内最高峰のひとつとして数えられるのが、「くろぎ」さん。

ミシュラン獲得の割烹店が展開する甘味処です。

一度行ったことがある友人によると、「神の食べ物」「1400円越えでも全然惜しくない」らしい。

期待が高まるというものだ。

 

改札を出て、2番出口の本郷通り方面へ。

f:id:y-mokimoki:20170724163305j:plain

 

東大といえば赤門だけど、くろぎに行くならば、春日門を目指していただきたい。

交差点を消防署方面に向かって…、そうそう、これが春日門。

駅から大体徒歩5分くらいかな。

 

f:id:y-mokimoki:20170724163149j:plain

 

門をくぐると…割りばし御殿のような建物が!これがくろぎの入るダイワユビキタス学術研究館でございます。

ちなみにデザインは隈研吾さん。いかにも!

f:id:y-mokimoki:20170724163654j:plain

 

酷暑のなか、これから2時間以上待つの?とげんなり…とした方も大丈夫!

ここで妊婦安心ポイント!です。

来店して予約の受付をすると、順番が回ってきたタイミングで、携帯に連絡をくれるんですね(ただし、電話受付は不可なのでご注意を。)。なので待ってる間は、どこにいてもOKなわけ。構内を散策したり、涼しいカフェでまったりしていてもよいですね。

 

私の場合は、近所に住む友人が先に予約受付をして、大体の目安時間に集合したので実質的な待ち時間はほぼゼロでした。

とはいえ、全員がそろってから入店なので、早めに時間厳守で集合がベスト。

ちなみに友人が受付をしたのは7月中旬の土曜日の1時前くらい。その時点で30人待ちで、2時間半後の入店でした。3時半ぐらいに入店したときは、3時間待ちに増えていた。

 

テラス席と、店内席の2種類。

f:id:y-mokimoki:20170724165152j:plain

まずは店内の会計で商品を注文。

わらびもちやぜんざいもあるんだけれど、今回の目的はもちろんかき氷!

定番の黒蜜きなこかき氷(単品1400円)と、月替わりのかき氷があって、7月はずんだ豆(単品1800円)。残念ながら入店時は月替わりは早くも売り切れだったので、黒蜜きなこに。

猿田彦コーヒーがついて2000円というセットもあったのだけれど、値段に気後れして単品で。

 

通されたのはテラスのソファー席!

f:id:y-mokimoki:20170724170030j:plain

なんやこのセックスアンドザシティ感…。

しかもこの席、目の前に庭園が広がっていて心地よい。

屋外とはいえ、ちゃんと天井があるので直射日光はあたらないし、いい感じに風が抜けて涼しい。

妊婦だと蚊による感染症が怖いけど、蚊取り線香も炊かれていて、虫の心配もない(念のため自分でも虫除け対策はしてきたけどね)。

のんびり待っていると、席について10分ほどで着丼!

f:id:y-mokimoki:20170724170216j:plain

 

3人で行ったのだけど、一人ずつサーブの仕方が違うのよね~。

お盆や、添えてあるお花もそれぞれ変えてあるの。

このセンスに食べる前から脱帽です。

 

しかし、写真でみると伝わりにくいんだけど、大人の頭ほどあるボリューム。

食べ切れるのか?という不安が湧き上がるも、一口食べるなりその不安は霧消!!!

ポイントは上にかかっているクリーム。

ほのかにしょっぱくて、どんどんスプーンがすすんじゃう。

店員さんによると、クリームにはきなこ、黒蜜、醤油(!)を使っているとか。

クリームがうまく氷の暴力的な冷たさを覆ってくれていて、全然頭がキーンとしない。

さらにあずきやくるみといった食感のアクセントも絶妙で、まったく飽きることがないんです。

底にあずきがしのばせてあるのもうれしい。

 

クリームが多いからか、はたまたテラス席だったからか、ぺろりと平らげても、体が冷えた感じはゼロ

これも妊婦にはありがたかった。

 

今しか味わえない、最高のぜいたくでした!

 

 

 

妊娠までの経緯~化学流産を経てクロミッド処方、タイミング法で妊娠(7) ついに…!

漢方にサプリとできる準備を整えて、2017年3月、妊活再開。

今回もまずはクロミッドを処方され、1週間おきに病院で卵子の育ちぐあいを見てもらう。

服用から約2週間後、そろそろ排卵しそうと言われ、1日~2日後にタイミングをとるようにとの指示。

 

排卵日だからするよ!」というのもなんかなあ、と抵抗があったので、なんとなくその流れに持っていき、仕込みを終えた。

それがおそらく3月12日(日)。

 

その後は期待せず、不安にもならず、極力フラットな心境でいるようにつとめた。

前回の化学流産時は、毎日基礎体温を測っていたが、それもヤメ。

人事尽くして天命を待つのみ…と自分に言い聞かせた。

 

そうこうするうちに生理予定日の3月26日(日)。

…来ない!

おなかが突っ張る、下痢気味などの症状が。ネットで調べてみると、もしや妊娠の超初期症状…?

 

3月29日(水)。受精18日目。

薬局で検査薬を購入。

前のめりそうな気持ちに「無心」と言い聞かせながら、会社のトイレでトライ。

結果は…前回の化学流産時よりも、はっきりとした陽性…!

思わず声が出そうになる。

熱いものがこみ上げ、この世のすべてに感謝した。

 

だが、爆発的な喜びもここまで。

次の瞬間には、不安と緊張が押し寄せてきた。

なんとか無事に生まねば…!!!

妊娠までの経緯~化学流産を経てクロミッド処方、タイミング法で妊娠(6) 漢方にトライ!

子宮造影検査後のゴールデンタイムをいかすべく、やれることはなんでもやろう!と決めていた。

その一つが、漢方。

 

一度化学流産を経験したことで、排卵・受精できるだけではダメだ、体の環境そのものを変えないと…と思うようになっていた。

そんなとき、会社の同僚が妊娠。

彼女も私と同じく生理不順に悩んでいたが、

「漢方飲み始めて1か月後にできたんです!」という。

早速彼女が通っている病院を紹介してもらい、ちょうどクラミジアの治療などで妊活お休みの時期から、漢方治療を始めた。

 

初診で、医師と相談。「妊娠しやすい、赤ちゃんが育ちやすい体質づくりを漢方で整えていきましょう」と言っていただける。

生理不順、卵巣膿腫の経験あり、多膿胞性卵巣(PCOS),昨年12月に化学流産をしたことを伝える。

また、神経質でうまく寝付けないことも。

 

処方されたのは、生殖機能を整える「海馬補腎丸」と「加味逍遥散」、イライラをしずめる「柴胡加竜骨牡蛎湯」の3種類。

中でも「重火器のような」パワーがあるというのが「海馬補腎丸」らしい。こちらは病院が調合するもので、保険外。丸薬タイプ。ほかのふたつはツムラの顆粒タイプで保険適用となる。

3種類合わせて、一か月で約1万円ちょい。決して安くはないが、これでもし本当に授かれるなら惜しくはない。

漢方というと苦い、飲みにくいというイメージがあったが、丸薬タイプは糖衣だし、顆粒タイプもそこまできついにおいや味ではなく、まったく問題なかった。

 

それに加えて、妊活時から飲んだ方がいいという葉酸サプリも摂取開始した。

ネットで情報を調べまくり、1か月3000円ほどのサプリに。

こちらも普段なら高いな…と思うだろうが、今はそんな小銭を惜しんでいる場合ではない。

 

そして待ちに待った妊活再開!

漢方治療を始めて2か月…。

≪続く≫

 

 

 

 

 

 

 

妊娠までの経緯~化学流産を経てクロミッド処方、タイミング法で妊娠(5)

緊張の卵管造影検査に挑んだ。

クラミジア罹患者でしかも卵巣膿腫の手術経験があるわたし、卵管がふさがっていいる可能性は通常よりも高い…。

ふさがっていても、お金、時間的制限は発生してしまうものの、いざとなったら体外受精がある…!!と言い聞かせて、検査に向かった。

婦人科の診察室でカテーテルを子宮に通し、そのままレントゲン室へ。

 

レントゲン台にはりつけにされ、そのまま台が回転。造影剤を注入される。

いだだだだだだ…!!!

まさにいま卵管がこじ開けられている!!といった痛み。

だがそれよりも、緊張と不安が勝っていた。

 

そのまま何カットか撮影をしてもらい、1回目は終了。

2回目の撮影まで、造影剤が拡散するように、しばし院内をうろうろする。

婦人科の先生が、院内お散歩にしばし付き合ってくれた。

先生、にこにこしながら「どっちもとおってたよ~」。

片側は狭くなっていたものの、どちらも卵管自体はふさがっていないそう。

あまりの安堵に、力が抜けそうになる。

 

神様がいるなら、神様ありがとう…!

そして過去のわたし、土下座して神に感謝せよ。

 

2回目の撮影は、打って変わって晴れやかな気分で終了した。

 

クラミジアの完治認定も受け、いよいよ次周期から妊活再開。

しかし、さらにもうひとつ風疹の抗体有無を調べる検査が。

もし抗体がなければ、風疹の予防注射を受けなければならない。

そうするとまた2か月妊活を休止だ。

「どうします?やります?」と聞かれたが、

私の選択は「今はやめておきます」だった。

 

卵管造影検査後の半年は、妊娠しやすいゴールデンタイム。

貴重な6か月のうち2か月を無駄にするのは避けたかった。

ただでさえ、わたし34歳、夫38歳。残された時間はあまりないのだ。

もちろん、風疹のリスクはあるけれど、それでも一かバチかに賭けた。

 

この判断、吉と出るか…

 

≪続く≫

 

妊娠までの経緯~化学流産を経てクロミッド処方、タイミング法で妊娠(4)

病院に通い始めて2周期目で妊娠。しかし化学流産となってしまう。

その旨を診察の際告げると、卵巣が腫れているといわれる。

「妊娠かすったから腫れてるんですねー」

妊娠かする…

ざっくりした言い方に、「当たり前のことなんだ」と気が楽になったものだ。

 

卵巣の腫れが引くまで、次の周期はお休み。

その間、クラミジアなどの検査を行った。

 

で、結果は陽性…

 

もっとも感染者数の多い性感染病といえど、この結果はショックだった。

もちろん夫も感染している可能性は高い。

夫に切り出しにくいな~、黙って飲み物に治療薬混ぜてしまおうか…とモンモン。

しかしふたりのことだ!と正座をして切り出した。

どっちがうつしたんだ、みたいなことを言い出す男なら、自分の見る目がなかった、と腹をくくった。

意外とあっさり「あ、じゃあ俺も病院行くわ」。

その週の土日に病院に行ってくれた。

 

当然ながら妊活は完全に治癒するまで1か月お休み。これで計2周期休むこととなる。

検査ラッシュのなか、卵管造影検査を受けることになった。

造影剤を通して、卵管が詰まっていないか調べる検査だ。

クラミジア罹患者の自分にとって、この検査は戦々恐々だった。

 

独身のときは軽く…とは言わないけれど、よくある病気と思っていたクラミジア

妊活を始めてみると、そのおそろしさにおののく。

自覚症状がないまま、卵管が炎症を起こして、閉塞しかねない。

卵管が閉塞してしまうと、手術で閉塞部分を切り取るか、もしくは体外受精に。

経済的なことを考慮すると、1回につきかなりの費用がかかる体外受精は、そんなに長くは続けることはできない…。

 

いろんな感染原因はあるけれど、長い人生、思い当たるふしはないでもない。

過去の自分に向って、SAFE SEX! と連呼したい気分だった。

大人のいうことは守るべきですな…。

 

そして、いよいよ検査当日・・・【続く】

 

 

 

 

妊娠までの経緯~化学流産を経てクロミッド処方、タイミング法で妊娠(3)

仕込みを終えてからは、毎朝祈るように基礎体温計をにらむ日々。高温期が3、4、5日…。いつもならこのあたりでガクッと下がってしまうのだったが、このときは6日、7日と続いていた。

もしかしていけてる…!?

11日目、待ちきれずに妊娠検査薬を試す。

尿をかけてじっと窓をにらむが、真っ白。

そりゃこんなに早くできるわけないよね、といったん捨てる。

だが、数分後、やっぱりあきらめきれずに拾ったところ…。

!?

うっすら、赤い線が見えるではないか。

 

妊娠した!!!!

 

おなかのそこから、ぐわっと何かがこみ上げる。

検査薬片手に、神様やご先祖さまや、いろんな大きな存在に感謝をささげた。

 

このわずかなしるしをつなぎとめたくて、不安で不安で、一日に何度も検査薬を試す。

 

けれど、2日後の13日目、線が薄くなる。

ネットでいやというほど調べていたから、それが示すものの意味は分かっていた。

 

化学流産。

 

まだ、決まったわけではない。

けれど不思議と冷静だった。

 

その日は早めに仕事が終わって、仕事帰りに夕方の街へ買い物に出かけた。

 

行きかう人。

活気のあるスーパー。

袋をぶら下げて、坂道を上る。

 

じんわりと町がピンク色ににじんで、

おそらく生まれることのできない、けれど確かに今おなかの中にいる命に、

この世界の美しさがちゃんと伝わっていたらいいな、と思った。

一日だけのデートだった。

 

夫が帰宅して、初めて妊娠したかもしれないことを告げる。そして、おそらくうまく育たないことも。

告げるのは残酷かもしれないけれど、ふたりの子供なので、共有しておきたかった。

夫は黙って聞いていて、運を天にまかせよう、と言ってくれた。

その冷静さがうれしかった。

 

翌日。やはり線はほとんど見えなくなる。夫は出張へ。

その夜は、私がいちばん好きな中島みゆきを聴きながら眠った。ほんのわずかな時間でも、この世に来て楽しかったな、と思ってもらえるように。

 

あくる日、線は完全に消えていた。

覚悟していたからか、動揺はなかった。

そうか…とだけ思った。

 

出張中の夫に、やっぱ赤ちゃんだめでした、とラインを送る。

「残念ですが、ご縁だったと思いましょう」と返信がきた。

それで、ああ、やっぱり本当に終わったんだ、と思った。

【続く】